京都ドーナツの旅4:ニコット&マム

d0272182_19534702.jpg


ニコット&マムは駅の近く、わりとオフィス街っぽいところにひっそり佇むお店です。
町家の外観とオレンジ色の看板が目印。
近くに国際マンガミュージアムがあります。

を使用せず、天然酵母で発酵させた生地で作られたニコット&マムのドーナツ
ふんわりしてむっちむち、すごい弾力。
理想的なイーストドーナツという感じ。
これだー!という感動がありました。
15種類あって、そのうちの6〜8種類を日替わりで販売しているそう。

すごく悩んで、プレーンとピーナッツ抹茶ミルクを選びました。

ピーナッツは、ピーナッツバターのほんのり塩分と、
ピーナッツのコリコリした食感が、むちむちの生地と相まってとてもおいしかった!
これ、また食べたい。

抹茶ミルクは、抹茶が練り込まれてた緑色の生地に、
ホワイトチョコレートがコーティングされています。
抹茶のほろ苦さが、これまたおいしい。
いろいろな抹茶ドーナツを食べたけど、これが一番おいしかったかも。
抹茶が強すぎなくて、良いバランスでした。

プレーンはお店の人気No.1商品だそうです。
生地の甘みも程好くて、ちょいちょい食べたいドーナツ

店内のこぢんまりしたイートインスペースは
薄暗い明かりで、なんだか落ち着く空間でした。
友達の家でお茶してるみたいな気分になった。

ニコット&マムは通信販売もしているので、
お取り寄せして食べちゃおうかな…^^


■ニコット&マム
http://doughnut.jp




d0272182_19534909.jpg


[PR]
by hitomi_iizuka | 2015-06-19 19:57 | ◎京都のドーナツ | Comments(0)
<< ドミニクアンセルベーカリー 京都ドーナツの旅3:六曜社 >>