京都ドーナツの旅5:ル・プチメック 大丸京都店

d0272182_21050267.jpg



新宿にあるル・プチメックは度々利用していたのですが、
ドーナツを売っているのは京都の「ル・プチメック 大丸京都店」だけとのことで、
大丸京都店は、ずっと行きたかったお店でした。

黒を基調にしたオシャレなお店。
ニューヨークあたりをイメージしているのかな。
おいしそうなパンがボリューミーにきれいに並んでいます。

ドーナツの種類も豊富。
カボチャの種がのっていたり、ティラミスバナナなど、他にはない凝ったドーナツばかり。
サイズも大きいです。

迷いに迷って、4つ買いました。
ル・プチメックのドーナツは噛むと油がじゅわっとでてきて、
生地はきめが荒くて軽い感じ。
上がけがずっしりしてるし、油っぽいけど、くどくはないです。
生地を噛み締めると、生地自体がおいしいな、と感じます。

特筆すべきは「バナナ」。
バナナのグレーズに、コリコリしたバナナチップがのっていて、
噛む度ににじむ油と、バナナフレーバーが相まって、これはおいしかった。

鮮やかな「フランボワーズ」は酸味が爽やか。
油っぽい生地との相性が抜群。

キャラメルクランチ×白チョコレート」は、
生地にココアが練り込んであります。
これは甘さが程好くておいしかった。

「プレーン」は生地のおいしさを味わえました。
おいしいパン屋さんのドーナツはやっぱりおいしい。

くどくはないといっても、ボリューミーなドーナツなので、
一度にたくさんは食べられませんが、全種類制覇したと思わせるドーナツでした。


d0272182_21023393.jpg












[PR]
by hitomi_iizuka | 2015-06-24 21:07 | ◎京都のドーナツ | Comments(0)
<< 京都ドーナツの旅6:パネッテリ... ドミニクアンセルベーカリー >>