人気ブログランキング |

2016年マカオドーナツの旅:十月初五街「南屏雅叙」

2016年マカオドーナツの旅:十月初五街「南屏雅叙」_d0272182_18410016.jpg

マカオの十月初五街にある老舗茶餐廰「南屏雅叙」に、朝食とドーナツを食べに行きました。
「茶餐廰」とは、香港式の喫茶店という感じでしょうか。喫茶と軽食を兼ねたお店のことみたいです。
南屏雅叙の入口にはテイクアウト用のショーケースがあって、おいしそうなパンがぎっしり並んでいます。
もうずっと古いままやってます、という感じの年季の入った店内は、朝食を食べる人でほぼ満席。

おいしいと噂の「ハムエッグサンドイッチ」と、お目当てのドーナツ「沙翁」を頼みました。

「沙翁」と書いて「サーヨン」と読むこのドーナツ。
ネットで調べると「香港式ドーナツ」と紹介されているものが多いので、
香港からマカオにやってきたドーナツなのかな。
「沙翁」とは中国語で「シェイクスピア」のこと。
なぜこのドーナツが「シェイクスピア」なのか、調べたけど日本語で解説されたものは無し…。
気になるので、調査継続します。

「沙翁」は、まわりが少しカリっとしていて、中は通常よりもめが細かいフレンチクルーラーという感じ。
でも、フレンチクルーラーよりは、かなりしっとりしてます。生か?と思うほど。
ドイツのノルドライン地方のドーナツ「クラップフェン」にとても似てます。
個人的にはまあまあという感じで、特別おいしいドーナツではなかったけれど、
めずらしいドーナツに出会えて嬉しかった!

そして、一緒に頼んだ「ハムエッグサンドイッチ」がすごくおいしかった〜!
ホカホカでふんわり分厚い卵焼きがしっとりしたパンにはさまっていて、
特にすごい技を使ってるという感じではないのだけれど、とてもおいしい。

あと、入口付近に置物みたいにどっしり座っている、番頭さんらしきおじさんがすごい。
お会計に行くと、メモとか伝票とか何も見ずに、さっと金額を言ってくるのだ。
全テーブルをどうやって把握してるのか…。
おじさんにPOSシステムが内蔵されているのか…。
おじさんレジスター、すごい。

店の雰囲気が好きなのと、おじさんレジスターをもっと調査したいのと、
ハムエッグサンドイッチを食べたいという理由で、また訪れたいお店です。
他のパンも食べたかったな〜!


2016年マカオドーナツの旅:十月初五街「南屏雅叙」_d0272182_18410763.jpg
2016年マカオドーナツの旅:十月初五街「南屏雅叙」_d0272182_18412311.jpg



by hitomi_iizuka | 2016-11-16 21:00 | ◎マカオのドーナツ | Comments(0)
<< 2016年マカオドーナツの旅:... 2016年台北ドーナツの旅:士... >>