【奥志賀高原スキー場】サンクリストフの「かもしかドーナツ」

d0272182_19044692.jpg

突然ですが、私はスキーが好きです。
なので、冬はあちらこちらへスキーをしに行くわけですが、
今回は奥志賀高原スキー場で出会ったドーナツをご紹介します。

奥志賀高原スキー場の奥志賀ゴンドラ乗り場のすぐ隣にあるレストラン「サンクリストフ」に、
そのドーナツがありました。
サンクリストフは焼きたてパンがウリのお店のようで、
長机にいろいろなパンがずらっと並べられています。
その端っこに、「かもしかドーナツ」を名乗る細長い物体が…。
カモシカの足のイメージなのでしょうか??
ビニール袋に入れられて、油がギトっとついており、見た目はあまりよろしくない…。
しかし、大好きなスキー場で出会ったドーナツをスルーするわけにはいかずに購入しました。

40cm弱くらいの細長いドーナツを、ずるりと袋から出していただきます。
ビニール袋入りのためか、油で揚げたサックリ感はなく、
表面はじっとり油がにじんでます。
「高級小麦粉使用」と謳っている生地は、みっしと密度が高く、ちょっと硬めで粉っぽい。
砂糖は控えめ。
多分、ドーナツにかけたお砂糖が、油とともにビニール袋にくっついちゃってるから、
砂糖が控えめな感じになっているのだと思う。

長くて食べきれないから、家に持ち帰って、オーブンで焼いて食べたら、ちょっとおいしかったです。
スキー場で食べた時は、寒さで生地が硬くなってしまっていたのかもね。

取り立てておすすめするほどおいしいドーナツではありませんが、
カロリーを消費するスキーの携行食として良いかもしれません。
あっ!ポケットに入らないから携行できないや…。


d0272182_19044514.jpg






[PR]
by hitomi_iizuka | 2017-02-17 21:00 | ◎ドーナツ | Comments(0)
<< 【鎌倉ドーナツ探求の旅】その6... セブン-イレブンのドーナツ「し... >>