【東京ミッドタウン日比谷】ブーランジェリー・ボヌールのドーナツ3種【ものっすごくもっちもち】

d0272182_21151833.jpg
東京ミッドタウン日比谷店の中にオープンしたブーランジェリー・ボヌールに行ってきました。
ボヌールは三軒茶屋に本店がある人気のパン屋さんです。

初めて訪れたときは、混雑のため入店制限をしていたので、買うのを諦めて帰ったので、今回は2度目のチャレンジ。
やはり行列が出来ていましたが、入店制限はしていなかったので並んでドーナツを3種類買いました。

「もっちりドーナツ きなこ」。
湯種製法を使用しているとかで、かじるとむむんと強い弾力があり、ちぎれないほどひきが強い。
この弾力の強さは好きにならずにいられない。
「もっちり」という表現がここまで適しているドーナツは、そうそう現れないです。
適度な塩分、ケシの実ときなこの香ばしさも良いです。

「もっちりドーナツサンド〜チョコ〜」。
ムッチムチのケシの実と砂糖がけのドーナツに、チョコレートホイップクリームがサンドされてる。
クリームぶわ〜!っとあふれて、むっふむふ。
これは、おいしいに決まってるではないか。

「クラップフェン」。
クラップフェンはヨーロッパに起源のある、歴史の深いドーナツ。
ふわふしゅっとした黄色生地は、シュー生地とケーキ生地の中間みたいな感じで、カヌレみたいな生っぽさがある。
ほのかに塩分もあり、ラムレーズンとの相性もよく、ゴツゴツしたルックスから受ける印象とは反対に、軽いドーナツ。
これもおいしかったな〜。

これまで食べたイーストドーナツの中でも、上位クラスのもっちり感。
福島の会津若松のパン工房またど〜るのドーナツのもっちり感には叶わないけれど、ケシの実をまぶしているなど、共通点あり。
パン工房またど〜るのドーナツを食べていなければ、ボヌールのドーナツの弾力が最強だと讃えていたことでしょう。
残念ながらナンバーワンではないけど、ボヌールのドーナツもまた素晴らしいものです。
↓参考↓

【会津若松】パン工房またど〜るのドーナツ3種【驚異!過去最強のもっちり感!】

しかし、会津若松にはちょいちょい行けないので、それに近いものが東京で手に入るのは嬉しい。
あの弾力はたまらん。

ただね〜、余計なお世話ですけども、ボヌール東京ミッドタウン日比谷店の店内の導線が良くなくて、商品陳列棚の前にずらーっと会計待ちの行列ができていて、すっごく商品が見づらい(というか見られない)状況、なんとかしたらいいのに〜と思いました。
なんでパンの前に並ばせてるのか…?
謎だ…。


↓ドーナツブログランキング1位です。ありがとうございます!
by hitomi_iizuka | 2018-05-31 21:00 | ◎パン屋さんのドーナツ【東京】 | Comments(0)
<< 【ミスターメタモルフォーゼドー... 【袋ドーナツ】第一パン「フレフ... >>