カテゴリ:◎京都のドーナツ( 9 )

【京都】食堂souffleのドーナッツ【素朴なおいしさ】

d0272182_21390366.jpg

京都にある「食堂souffle」のドーナッツを食べました〜。
と言っても、京都に行ったわけでなく、10月14、15日に京王多摩川駅近くの多摩川河川敷で開催された「もみじ市」に出店されてたので食べることができました。
食堂souffleは、京都は円町にある小さなお店で、イベントの出店やケータリングもしつつ、オーナーの方がひとりで切り盛りされてるそう。

ドーナツはその場で揚げていました。
揚げたてが食べられるのって嬉しいね。
4種類(プレーン、抹茶、きな粉、ラズベリー)ある中から2種類買いました。

どちらもベースの生地は同じで、オールドファッションタイプのケーキドーナツ。
まずは「プレーン」。
表面が不揃いにごつごつしているので、ごりっごりと歯応えが良いです。
中は黄色いたまご風味でほんわり甘くほろほろ。
揚げたての油の香ばしさがおいしい。

次に「ラズベリー」。
ごっつごつの表面にラズベリーグレーズがけ。
たまご風味のほわほわした甘い生地に甘酸っぱいグレーズがおいしい。

歯応えの良さ、生地のたまごの味わいなど、オールドファッションの醍醐味があり、手作りの素朴さのなかに、きちんとしたおいしさがありました。

円町のお店にも行ってみたいです。

■食堂souffle
http://souffle-shokudo.com





[PR]
by hitomi_iizuka | 2017-11-03 21:00 | ◎京都のドーナツ | Comments(0)

京都ドーナツの旅:番外編【セブン-イレブンのドーナツ】

d0272182_19374918.jpg



京都ドーナツの旅:番外編【セブン-イレブンのドーナツ】

せっかく京都まで行ったので、
セブンイレブンの関西エリア限定のドーナツを購入しました。

宇治抹茶を練り込んだ「宇治抹茶オールドファッション」はザックザクなのだけれど、
抹茶のフレーバーが強すぎるかな。
抹茶大好きな人には気にならないのかもしれない。

「香ばしきなこと豆乳のドーナツ」は、ほこほこして香ばしくておいしかったです。

白バラ牛乳をホイップクリームに使用した「白バラ牛乳のホイップドーナツ」は、
なんとなくクリームのコクが濃い気がした。
気のせいかもしれないけど…。

一番食べたかった「ミルクコーヒーオールドファッション」がなくて買えなかったのが残念ですが、
3種ゲットできたので満足です。






[PR]
by hitomi_iizuka | 2015-07-08 21:00 | ◎京都のドーナツ | Comments(0)

京都ドーナツの旅6:パネッテリアオークラ

d0272182_13245108.jpg



パネッテリアオークラは、ホテルオークラの地下にあるパン屋さんです。

朝8時から営業しているので、朝食がてらドーナツ採集にいきました。

総菜パンから菓子パン、食パンバゲットまで、
一通りそろっていて、どれもおいしそうでしたが、
お目当ては「パイナップルドーナツ」です。

パイナップルドーナツは、生地でパイナップルを包んで揚げてあります。
輪っかに、輪っかのフルーツ。こりゃ名案です。
ふんわふわの柔らかい生地をかむと、
パイナップルがゴロっとでてきます。
かむ度にジューシー。

パイナップルが合わないわけじゃないけど、
生地がふわふわでおいしかったから、
プレーンなドーナツも食べてみたかったな〜。






[PR]
by hitomi_iizuka | 2015-07-03 20:00 | ◎京都のドーナツ | Comments(1)

京都ドーナツの旅5:ル・プチメック 大丸京都店

d0272182_21050267.jpg



新宿にあるル・プチメックは度々利用していたのですが、
ドーナツを売っているのは京都の「ル・プチメック 大丸京都店」だけとのことで、
大丸京都店は、ずっと行きたかったお店でした。

黒を基調にしたオシャレなお店。
ニューヨークあたりをイメージしているのかな。
おいしそうなパンがボリューミーにきれいに並んでいます。

ドーナツの種類も豊富。
カボチャの種がのっていたり、ティラミスバナナなど、他にはない凝ったドーナツばかり。
サイズも大きいです。

迷いに迷って、4つ買いました。
ル・プチメックのドーナツは噛むと油がじゅわっとでてきて、
生地はきめが荒くて軽い感じ。
上がけがずっしりしてるし、油っぽいけど、くどくはないです。
生地を噛み締めると、生地自体がおいしいな、と感じます。

特筆すべきは「バナナ」。
バナナのグレーズに、コリコリしたバナナチップがのっていて、
噛む度ににじむ油と、バナナフレーバーが相まって、これはおいしかった。

鮮やかな「フランボワーズ」は酸味が爽やか。
油っぽい生地との相性が抜群。

キャラメルクランチ×白チョコレート」は、
生地にココアが練り込んであります。
これは甘さが程好くておいしかった。

「プレーン」は生地のおいしさを味わえました。
おいしいパン屋さんのドーナツはやっぱりおいしい。

くどくはないといっても、ボリューミーなドーナツなので、
一度にたくさんは食べられませんが、全種類制覇したと思わせるドーナツでした。


d0272182_21023393.jpg












[PR]
by hitomi_iizuka | 2015-06-24 21:07 | ◎京都のドーナツ | Comments(0)

京都ドーナツの旅4:ニコット&マム

d0272182_19534702.jpg


ニコット&マムは駅の近く、わりとオフィス街っぽいところにひっそり佇むお店です。
町家の外観とオレンジ色の看板が目印。
近くに国際マンガミュージアムがあります。

を使用せず、天然酵母で発酵させた生地で作られたニコット&マムのドーナツ
ふんわりしてむっちむち、すごい弾力。
理想的なイーストドーナツという感じ。
これだー!という感動がありました。
15種類あって、そのうちの6〜8種類を日替わりで販売しているそう。

すごく悩んで、プレーンとピーナッツ抹茶ミルクを選びました。

ピーナッツは、ピーナッツバターのほんのり塩分と、
ピーナッツのコリコリした食感が、むちむちの生地と相まってとてもおいしかった!
これ、また食べたい。

抹茶ミルクは、抹茶が練り込まれてた緑色の生地に、
ホワイトチョコレートがコーティングされています。
抹茶のほろ苦さが、これまたおいしい。
いろいろな抹茶ドーナツを食べたけど、これが一番おいしかったかも。
抹茶が強すぎなくて、良いバランスでした。

プレーンはお店の人気No.1商品だそうです。
生地の甘みも程好くて、ちょいちょい食べたいドーナツ

店内のこぢんまりしたイートインスペースは
薄暗い明かりで、なんだか落ち着く空間でした。
友達の家でお茶してるみたいな気分になった。

ニコット&マムは通信販売もしているので、
お取り寄せして食べちゃおうかな…^^


■ニコット&マム
http://doughnut.jp




d0272182_19534909.jpg


[PR]
by hitomi_iizuka | 2015-06-19 19:57 | ◎京都のドーナツ | Comments(0)

京都ドーナツの旅3:六曜社

d0272182_19242000.jpg


1987年に自家焙煎コーヒーとホームメイドドーナツのお店としてオープンしたという「六曜社」。
昭和のまま時間が止まっているような喫茶店です。
喫茶店の名店としてよく本に載っているお店で、
前から一度訪れたいと思っていました。

年季の入ったしぶい席に座って、アイスコーヒードーナツをオーダー。
お皿にのって運ばれてきたドーナツは冷えていました。(冷蔵庫に入ってたのかな?)
フォークで切ろうとすると、密度の高さを感じるかたさ。
そして、口に入れると案の定モサモサして、飲み物がないと食べづらい。
あ、そうか、喫茶店だからそれでいいのか。
生地は家で作るホットケーキのような甘い味です。
オーナーの奥さんが作っているそうな。
食べきれなかったので、家に持って帰って、
オーブンでトーストしてたべたら、もっとおいしくなりました。
お店の人に頼めば温めてくれたのかな?
(そういえば、このお店が紹介された本にはオーブンで温めて出してくれるって書いてあった…。)

いわゆる「昔ながらの喫茶店」とか、昔からあるコーヒーのチェーン店等では
コーヒーのお供はケーキであることが圧倒的に多いので、
ドーナツを出している、というだけで嬉しくなります。

コーヒーにはケーキもいいけど、やっぱりドーナツがピッタリ。










[PR]
by hitomi_iizuka | 2015-06-10 20:00 | ◎京都のドーナツ | Comments(0)

京都ドーナツの旅2:ひつじ

d0272182_19170601.jpg


京都市中京区、御所南小学校近くにある『ひつじ』は、
自家製天然酵母のふわふわドーナツと、
発芽米を練り込んだもちもちドーナツを売っているお店です。

ひつじのドーナツは、ふかふかしてとってもエアリー。
イースト菌のふんわり感とはちょっとちがう感じ。
ホントに揚げてるのか?というくらい油っぽさもない。
それが長時間発酵の天然酵母のなせる技なのか。
何かに似てるのだけれど、シュー生地でもないし、蒸しパンでもないし、
初めて食べる食感のドーナツでした。

フレーバーも豊富で、優しげなものが多い印象。

和三盆」は、ふわっとエアリーな生地に、お上品な和三盆がよく合う。

ミルクチョコ」はフランス産の上質なチョコレートでコーティングされていて、とてもおいしい。
良いチョコレートを食べたという満足感もあるドーナツ

「紅茶と丹波黒豆きなこ」は紅茶専門店ムレスナティーハウスのアールグレイを使っているそう。
紅茶の香りがふわっと広がる。

チョコレート」はフランス産のカカオをたっぷり練り込んであり、
ほろ酔い生地がおいしい。香りもいい。

オーダーしたドーナツを木のトレーにのせてもらって、
コーヒーとともにのんびりいただきました。
やさしげな雰囲気も素敵なお店でした。

発芽米ドーナツを食べ忘れるという痛恨のミスをしたので、
いつかリベンジしたいです^^


d0272182_19170834.jpg

d0272182_19170991.jpg

それにしても、発芽米ドーナツを食べ忘れたこと、ほんとにくやしい…^^;



[PR]
by hitomi_iizuka | 2015-06-03 20:00 | ◎京都のドーナツ | Comments(0)

京都ドーナツの旅1:ドーナツ屋きんぞう oishii

d0272182_19043761.jpg

いかにも昔ながらの商店街といったゴチャゴチャ感のある「出町商店街」の中に
ドーナツ屋 きんぞう」があります。
和風の小さなお店です。
自家製豆乳、国産小麦粉、米油、甜菜糖、を使用しているとのことで、
すべてのドーナツ豆乳が使われています。

食べた瞬間、思いのほかあっさりしていて「お!」とちょっと驚き。
はじめはちょっと物足りなく感たけど、
食べていくうちに、じんわりとおいしさを感じます。

オールドファッションはいわゆる「オールドファッション」とは一線を画す軽さ。
さくさくでとてもおいしい。

オールドファッション(レモン)はアイシングシュガーにレモンのせ。
レモンの爽やかな酸味とお砂糖が、軽くてさくさくのオールドファッションによく合います。
これはまた食べたい。

プレーンはやわらかくて、噛むとふにゃんとして歯ごたえはムッチリ。

米油のせいなのでしょうか、とにかくドーナツなのにさっぱりとした感じ。
油切れもよく、サックサクなのです。
そして生地も油を吸いすぎず、とても軽い。
生地のあっさり感は豆乳を使っているからかな。
おいしかったなァ〜^^

揚げメロンパンも食べてみたかった!

ドーナツ屋 きんぞう
http://masugata.demachi.jp/contents/tenpo/higasi/kinzo/kinzo.html

d0272182_19043315.jpg












[PR]
by hitomi_iizuka | 2015-05-27 20:00 | ◎京都のドーナツ | Comments(0)

京都ドーナツMAP

d0272182_19092560.jpg


京都でドーナツ屋さんめぐりをするため、
「京都ドーナツMAP」を作成。
京都はドーナツ屋さんが多いので、とても楽しみ!







[PR]
by hitomi_iizuka | 2015-04-29 19:12 | ◎京都のドーナツ | Comments(0)