カテゴリ:◎北海道のドーナツ( 3 )

【小樽】オクタゴン「どさんこ(道産粉)ドーナツ」3 種類【コーンフレーク付きドーナツおいしい!】

d0272182_21313186.jpg
オクタゴンの「どさんこ(道産粉)ドーナツ」を3種類食べました〜。
オクタゴンは小樽にあるパンやスイーツのお店です。
今回は小田急百貨店 新宿店の「秋の北海道物産展」に出店していたので買うことができました。

北海道産のミルク、小麦粉を使用した手作りドーナツだそうです。
ケーキ生地のドーナツをいろいろとアレンジしたものが並んでいました。
その中から3つを買いましたヨ〜。

まずは「プレーン」から。
表面はサックサクで、中はしっとりふんわり軽いケーキドーナツ。
口の中で、生地が粉砂糖と一緒になめらかに溶けていく感じ。
ふわ〜っと甘い。
すこし砂糖の甘さが強い気がする。
揚げ方が上手で、ケーキ生地なのに、全然油っぽくないです。
良く揚がっているし、生地自体が少し甘味があるので、
砂糖はかけないで食べた方が、よりおいしいのでは…と思いました。

コーンフレークぎっしりの「コーン」。
「プレーン」と同じ、まわりがサックサクで中はふんわりと軽いケーキドーナツに、
コーン風味のチョコレートとコーンフレークがけ。
生地やコーンチョコレートの甘さに、コーンフレークの塩気が良いアクセントになって、ざっくざくの食感がおいしい。
オリジナリティーがあって良いドーナツ。

かわいいルックスの「メロン」。
「プレーン」と同じケーキドーナツでメロンクリームを挟んで、上にはメロンチョコレートがけ。
こってりとメロン感ある。
少しくどさはあるけど、楽しいドーナツです。

とにかく揚げ方が上手で、ケーキ生地のドーナツにしては、油っぽさがなく、
重くなりがちなところが軽く仕上がっているのが素敵。
中でも「コーン」はすごくおいしかった!
表面にコーンフレークやシリアルがついたドーナツはいくつか食べたことがあるけど、こんなにザクザクしていたのは初めて。
「コーン」はまた食べたい!

チョコレート生地のも食べてみたかったな〜。


↓ドーナツブログランキング1位です。ありがとうございます!
d0272182_21313130.jpg
d0272182_21313291.jpg


[PR]
by hitomi_iizuka | 2018-10-02 21:35 | ◎北海道のドーナツ | Comments(0)

ロイズベーカリーの「フランボワーズのリングドーナツ」

d0272182_20574384.jpg


新千歳空港のロイズチョコレートには、「ロイズベーカリー」というパン屋さんがあるよ。
しかも、チョコレートドーナツを売っているらしいよ。
というわけで、北海道はトマムにスキー旅行へ行った帰りに寄りました。
(3月のことです…)

新千歳空港3Fのちょっと奥まったところに「ロイズベーカリー」がありました。
ロイズの歴史を紹介したチョコレートファクトリーなんかもあって、楽しい雰囲気。

ロイズの板チョコをぼーんっと大胆にはさんだパン「グテ」、
丸いフォルムにチョコが詰まった「生チョコクロワッサン」など、
チョコレートづくしのパンの中にありました、「フランボワーズのリングドーナツ」。

チョコレートの香りが強くて、
家まで持って歩いている間、ずーっとチョコレートが香ってました。

なかなかボリューミーな「フランボワーズのリングドーナツ」は、
白くモチモチしたパンの中に、フランボワーズがたっぷり練り込まれていて、
少しビターなチョコレートとフランボワーズの酸味がおいしい。
でも、この「フランボワーズのリングドーナツ」、焼き目があり、
残念ながら揚げていないっぽい。
揚げてないと正式には「ドーナツ」といえないのよ…。

パンとしておいしかった!
なので、ちゃんと揚げていたら、おいしいドーナツだったのに!
惜しい。

一緒に買った「生チョコクロワッサン」もおいしかったです。
北海道へ行ったときの楽しみが増えました。

▼北海道のドーナツ


◎北海道/D×M『DAVID DOUGHNUTS』のドーナツ



d0272182_20593251.jpg


[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-04-25 21:01 | ◎北海道のドーナツ | Comments(0)

北海道/D×M『DAVID DOUGHNUTS』のドーナツ oishii

d0272182_20051496.jpg

インスタグラムで、北海道の『D×M(ディーバイエム)』というカフェの
すごくおいしそうなドーナツを見かけることが度々あって、
これはいつか行きたいなと思っていたところ、チャンス到来。

『SPECIALTY COFFEE STORE "D×M"』は、サッポロファクトリーの近く、
大きな通りから奥まったところの準工業地帯の一角にあり、
お店の建物も工場を改築しているので、
うっかり気がつかずに通り過ぎてしまいそうなカフェです。

店内は黒を基調に、ブリキや鉄などの工場っぽい要素があって、
おしゃれな秘密基地みたいな感じ。
大きな黒板のチョークレタリング、壁にラッカーでステンシルした文字、
ヨーロッパやアメリカの工場や学校から集めてきたという
形がバラバラの椅子やテーブルなど、ドラマチックな雰囲気です。
ドーナツのショーケースも格好良いガラスケースを使っていて、
店内のコーディネートが徹底されてます。

ドーナツはボリュームもあり、飾りも華やか。
ドーナツには『DAVID DOUGHNUTS』というブランド名があるそう。

せっかくなので4つ選んで、2つはテイクアウトにしました。

お店お勧めのカフェプレスでいれるコーヒーとともに、
カシス」と「ショコラ・オ・レ」を食べました。

カシス」はカシスクランベリーレモンの酸味がきいていて、
甘酸っぱくておいしい。
ふんわり、もっちもち、こしのある生地に、
ゴロゴロとクランベリーが練りこまれています。

「ショコラ・オ・レ」はチョコチップ入りのもちもちココア生地に、
ミルクチョコレートがけ。ドライイチジククルミが素敵。
生地とコーティング、飾り、すべての味の調和がすばらしいです。

テイクアウトした「プレーン」と「カカオクランチ」は
家で温めてから食べたのですが、
よくあるドーナツは温めると油がじゅわ〜っと出るものだけど、
『D×M』のドーナツは、油が全然出てこなくてびっくり。
揚げ方が良いのか、油が良いのか、それとも生地に秘密があるのか。

つやつやしたシュガーグレーズがきれいな「プレーン」は、
小麦粉の香ばしさを感じるドーナツでした。

オレンジピール入り生地の「カカオクランチ」は、
爽やかな風味の生地に、スイートチョコとキャラメルアーモンドが絡みつくようで、
深い味わい。

とにかくおいしかった!
ドーナツはそれぞれすべて生地が違うのだとか。
う〜〜、近所に住んでいたら、全種類食べるのに!
こんなに手がこんでいるのに、価格もすべて200円台というのも偉いです。

また行きたいなァ〜。
北海道に行きたい理由が「D×Mのドーナツ」でもいいでしょ。だめ?

■SPECIALTY COFFEE STORE "D×M"
http://www.morihiko-dxm.com/david.html


d0272182_20052812.jpg
d0272182_20053708.jpg



[PR]
by hitomi_iizuka | 2015-09-02 20:11 | ◎北海道のドーナツ | Comments(0)