カテゴリ:◎鎌倉のドーナツ( 7 )

【鎌倉ドーナツ探求の旅】その7:扉

d0272182_19194710.jpg

鎌倉駅から、べつばらドーナツ、ミサキドーナツに寄って、
和田塚駅から江の電に乗って極楽寺のHALENOVA。
再び江の電に乗り、極楽寺から鎌倉へ引き返す途中、長谷駅で下車して「ベルグフェルド」に寄り、
鎌倉駅に舞い戻り、駅から徒歩3分くらいのところにある「利々庵」でとんびの被害に遭い、駅に戻って、
鳩サブレでおなじみの豊島屋が営むパン屋さん「扉」に行きました。

お店の左側が鳩サブレ売場、右側がパン屋さんで、お土産を買う人で大いに賑わっています。

鳩サブレもおいしいよね〜と、食べたくなりましたが、
回れ右してパンコーナーにて「揚げパン」を買いました。

「揚げパン」、80円。安い。
表面が少しかたく、中は油分が少ないパサッとしたコッペパン。
この簡素な揚げパンは、昔の学校給食でのパンを彷彿とさせる。
いつも、しっとりした生地のドーナツを食べることが多いから、
このパッサパサの生地にはハッとして、小学生時代の給食の時間まで引き戻されてしまった。
あ、そうそう、口の中の水分を奪っていく感じは、カニパンにも似ている。

駄菓子というカテゴリーの近くにいる、素朴なドーナツでした。

こちらもチェック!
●鎌倉ドーナツ探求の旅 http://hitomiii.exblog.jp/i38/
その1:日進堂 http://hitomiii.exblog.jp/23784340/
その2:べつばらドーナツ http://hitomiii.exblog.jp/23787827/
その3:ミサキドーナツ http://hitomiii.exblog.jp/23798199/
その4:HALENOVA(ハレノバ)http://hitomiii.exblog.jp/23803924/
その5:ベルグフェルド http://hitomiii.exblog.jp/23815276/


d0272182_19195259.jpg








[PR]
by hitomi_iizuka | 2017-02-24 21:00 | ◎鎌倉のドーナツ | Comments(0)

【鎌倉ドーナツ探求の旅】その6:利々庵

d0272182_21304248.jpg

鎌倉駅から、べつばらドーナツ、ミサキドーナツに寄って、
和田塚駅から江の電に乗って極楽寺のHALENOVA。
再び江の電に乗り、極楽寺から鎌倉へ引き返す途中、長谷駅で下車して「ベルグフェルド」に寄り、
鎌倉駅に舞い戻り、駅から徒歩3分くらいのところにある「利々庵」というパン屋さんに行きました。

利々庵は「美味しくて栄養バランスも考えられたパン」を理想として、
材料を厳選し、毎日100種類のパンを焼いているそうな。

おいしそうなパンがずらりと並び、鎌倉マダム(たぶん)たちがお買い物していたりして、
なんとなくお上品な雰囲気の店内。
その中から「レモンドーナツ」を買いました。
かる〜くて、さっくりと歯切れの良いドーナツ。
油っぽさも無く、レモン皮とレモン果汁の入ったグレーズの酸味も爽やかでいい感じ。
ちょっと甘さが強いかな…。

…と、このドーナツを味わっていたところ、突然にドーナツを盗られた!
空から!
とんびに!!
あまりに一瞬の出来事。
突然パッと魔法のようにドーナツが手の中から消えて、
何が起きたかわからないほど鮮やかに、とんびに食べかけのドーナツを奪われてしまった。
どこから狙っていたのだ?

そういえば、鎌倉のお土産やさんや食べ物屋さんの店先には、とんびに注意するように書いた看板をつけているところも多々あった。
なんたる不覚…。

とんびもドーナツおいしく食べたのかな…。

最後まで食べられなかったけど、良い感じのドーナツでした。
他のパンも食べてみたいお店です。


d0272182_21304860.jpg

d0272182_21305177.jpg








[PR]
by hitomi_iizuka | 2017-02-20 21:32 | ◎鎌倉のドーナツ | Comments(0)

【鎌倉ドーナツ探求の旅】その5:ベルグフェルド

d0272182_18282762.jpg

鎌倉駅から、べつばらドーナツ、ミサキドーナツに寄って、
和田塚駅から江の電に乗って極楽寺のHALENOVA。
再び江の電に乗り、極楽寺から鎌倉へ引き返す途中、長谷駅で下車して「ベルグフェルド」に行ってきました。

ベルグフェルドは1980年に創業のドイツパンとお菓子のお店。
神戸にてハインリッヒ・フロインドリーブ氏のもとで修行された方のお店なんだとか。
神戸の「フロインドリーブ」といえば、ドイツパンの名店です。
ハインリッヒ・フロインドリーブさんは敷島製パン(現パスコ)初代技師長だったりして、
日本のパンの歴史に大いに貢献したお方みたいです。

ここではドイツのドーナツ「ベルリーナ」をゲットしました。
ドイツでは大晦日や謝肉祭を祝って食べるものなのだそう。
このドーナツ、「クラプフェン」という名前で売っていることもあり、
ちょっと調べたらバイエルン地方ではベルリーナを「クラプフェン」と呼ぶらしい。
でも、全然ちがう製法の見た目も違うドーナツで「クラプフェン」と名乗るものもあり、
(過去に食べたクラップフェン→その1:ラ・テールのクラップフェン その2:ボンジュール・ボンのクラプフェン)、
ドイツのドーナツに関しては、いつもちょっと混乱しています。

ずしっと重く、丸く分厚いボディをむんぎゅーっとかじると、
中からアプリコットジャムがとろ〜っとあふれて出て来る。
少し苦みのあるあっさりした生地にアプリコットジャムがしみて、甘いけど少し大人っぽい味。
前にツッカベッカライカヤヌマの「クラプフェンを食べた時も、この生地の苦みは何だろう?と思っていたのだけれど、
これ、炭酸饅頭に似てる!あの苦さ!
生地を重曹でふくらませているのかな〜。苛性ソーダ??
この苦みの正体がずっと謎のままなので、なんとか解明したいもの。

ドイツのドーナツについては、明らかにしたいことが多い…。


こちらもチェック!
●鎌倉ドーナツ探求の旅 http://hitomiii.exblog.jp/i38/
その1:日進堂 http://hitomiii.exblog.jp/23784340/
その2:べつばらドーナツ http://hitomiii.exblog.jp/23787827/
その3:ミサキドーナツ http://hitomiii.exblog.jp/23798199/
その4:HALENOVA(ハレノバ)http://hitomiii.exblog.jp/23803924/

d0272182_18282883.jpg

[PR]
by hitomi_iizuka | 2017-02-01 21:00 | ◎鎌倉のドーナツ | Comments(0)

【鎌倉ドーナツ探求の旅】その4:HALENOVA(ハレノバ)

d0272182_21344273.jpg

鎌倉駅から、べつばらドーナツ、ミサキドーナツに寄って、
和田塚駅から江の電に乗って極楽寺駅へ。

しんと静かな極楽寺の近くにある「HALENOVA(ハレノバ)」というカフェに行きました。
古民家をリノベーションしたお店で、カフェスペースの他に、ギャラリーも併設されています。
天井にサーフィンボードがあったり、貝殻のオブジェや、海をテーマにした写真集がたくさんあって、
なんとなく解放的で、海のようなゆるりとした時間が流れる素敵なお店です。
ここで個展をしたら素敵だな〜。

ドーナツは入ってすぐのところ、木製のケースの中に並んでいます。
ドーナツの名前が荷札にスタンプを押して作ってあって素敵。これ良いアイデア。

コーヒーとともに「キャラメルアーモンド」をオーダーしました。
ドーナツは濃いキツネ色で、まわりはカリッカリ。
ザックリとかじると、中はふんわりしっとりした柔らかいケーキドーナツ。
もしょもしょ、しゅわっと口どけが良くて、重くない。
キャラメルは苦みが強く、アーモンドが香ばしい。
キャラメルといえども大人味。

生地の表面がカリカリしている分、油を吸っているせいか、
かじる度に油のにおいがプンとする。
これは是か非か分かれるところだと思う。
油のにおいのするドーナツというのは、
お母さんの手作りドーナツっぽいというか、
このカフェの雰囲気的には、お父さんがザックザック揚げたドーナツという感じかな。

コーヒーもおいしくて、何より居心地の良いお店だったので、また行きたいな〜。
今後はリンゴのフィリングがのった「アップルシナモン」食べたい。

こちらもチェック!
●鎌倉ドーナツ探求の旅 http://hitomiii.exblog.jp/i38/
その1:日進堂 http://hitomiii.exblog.jp/23784340/
その2:べつばらドーナツ http://hitomiii.exblog.jp/23787827/
その3:ミサキドーナツ http://hitomiii.exblog.jp/23798199/

d0272182_21344357.jpg
d0272182_21344452.jpg



[PR]
by hitomi_iizuka | 2017-01-26 21:37 | ◎鎌倉のドーナツ | Comments(0)

【鎌倉ドーナツ探求の旅】その3:ミサキドーナツ oishii

d0272182_21260971.jpg

ずっと前から行きたかったドーナツ屋さん「ミサキドーナツ」に遂に行ってきた!
私が行ったのは4店舗あるうちの鎌倉店。
鎌倉駅からは徒歩5分ほどです。

かわいいピンクのロゴがお出迎えしてくれる、奥に長いお店。
なんとなくふんわりした、和やかな雰囲気の店内。
ガラスケースにはいろいろな種類のドーナツがずらり。
奥の厨房でドーナツを作っている様子がうかがえます。

まずは、シンプルなものから味わいましょうということで、「シナモンシュガー」。
ころんとしたかわいいフォルム。
かじってみると、むふんと弾力があり、目の細かいスポンジのような歯触りと、しっとりとシルキーな舌触り。
なにこの質感!すごい!
この、しあ〜っととけるような質感に感動。
生地の味は塩分が強めにきいてます。
シナモンシュガーの甘さはほんのりしていて、全然しつこくなく、さらとしてる。
もちろん、油っぽさもない。
これはうまーい!
何個でも食べられそう。
この質感は他に無いわぁ。

次に食べたのは、いがらしろみさんのお店「Romi-Unie Confiture」とのコラボレーションで、
期間限定販売の「クリスマスドーナツ」。(←12月に訪れたので…)
表面の生地が薄い皮のようになって、
こっくりとしたリンゴジャムとクリームチーズがたっぷり入ってます。
ジャムはサクッとした歯ごたえが少し残った角切りのリンゴがゴロゴロしていて、酸味があってスパイシー。
これにクリームチーズの塩分が加わり、甘いだけじゃない、深いおいしさになってます。
シルキーな生地との組み合わせは、もう本当にとろけるような感じ。

最後に「チョコレートクランチ」をテイクアウトしてお家で食べました。
チョコレートをたっぷりかけた上に、アーモンドとピスタチオ。
生地はしっとりしたココア生地。
しかも、コーティングのチョコレートもたっぷり厚くかかってるのに、中にもチョコレートが練り込まれてる!
シルキーな舌触りで、まるでケーキを食べているような感じ。
イーストドーナツなのに!
何度も言うけども、この質感はホントにすごい!

3種とも、感動しきり食べました。
私のおいしいドーナツ屋さんランキングの上位に、ふわりと現れたミサキドーナツ。
今後、「どこのドーナツ屋さんがおいしいですか?」って訊かれたら、
いくつか答えるうちのひとつに必ず「ミサキドーナツ」を挙げます。

家から遠いのが残念だヨーー!!

こちらもチェック!
●鎌倉ドーナツ探求の旅 http://hitomiii.exblog.jp/i38/
その1:日進堂 http://hitomiii.exblog.jp/23784340/
その2:べつばらドーナツ http://hitomiii.exblog.jp/23787827/


d0272182_21261033.jpg
d0272182_21261198.jpg









[PR]
by hitomi_iizuka | 2017-01-23 21:36 | ◎鎌倉のドーナツ | Comments(0)

【鎌倉ドーナツ探求の旅】その2:べつばらドーナツ

d0272182_19224067.jpg

鎌倉駅から少し歩いた住宅街の中にあるドーナツ屋さん「べつばらドーナツ」に行きました。
お店を構える前、自転車にドーナツを積んで売っていた頃から名前は知っていて、
いつか買いたいな〜と思っていたら、お店ができたよーという知らせがあり、
ずっと行きたかったお店でした。
テイクアウトのみのこぢんまりした店内に、素敵な木枠のガラスケースがあり、
丸いお皿の上にドーナツが並んでいます。
私が訪れた時並んでいたドーナツは6種類。
迷って「シュガー」と「レモン」を選びました。

サイズは大きめ。噛むとむんぎゅーっと跳ね返りの強い弾力あり。
ちょっとぬちゃっとして、かなりしっとりしてるけど、空気もたっぷり含んで泡が弾けるような感じ。
生地に少し塩気があって、全体に甘さは控えめ。
「シュガー」はさらりとお砂糖がけ。この砂糖、きび砂糖かなぁ。
おいしいお砂糖使ってます。
「レモン」は、甘酸っぱいレモングレーズがけ。
レモンの革をすって入れてるのかな。フレッシュな酸味が良いです。
これも甘すぎなくて、食べやすい。
グレーズは全部自家製なのだとか。
季節によって新しいグレーズのドーナツを販売しているようです。
近所に住んでる人はいいな〜。

「甘いものは別腹」とは言うけれど、このドーナツは「スイーツ」の位置づけで食べるよりも、
パンの代わりに朝食や昼食で食べたい感じ。

湿度が高いので、「軽い」とまでは言い切れないけど、この大きさのわりには軽い。
さっくり食べられる。
なので、食後の「べつばら」にすとんと入っちゃう…、ということもあり得なくはないドーナツでした。

d0272182_19193917.jpg
こちらもチェック!
●鎌倉ドーナツ探求の旅 http://hitomiii.exblog.jp/i38/
その1:日進堂 http://hitomiii.exblog.jp/23784340/





[PR]
by hitomi_iizuka | 2017-01-18 21:00 | ◎鎌倉のドーナツ | Comments(0)

【鎌倉ドーナツ探求の旅】その1:日進堂


d0272182_21233754.jpg

鎌倉駅から少し離れたところにある古いパン屋さん「日進堂」に行きました。

日進堂は横長の建物で、平べったい店内には食パン、総菜パン、菓子パンなど、
ビニール袋に個別包装された様々なパンがぎゅーっと肩を並べるように陳列されています。

揚げパン類は包装しないでレジ横のケースに山積みになってます。
このビジュアルがおいしそうなのだ。
そこでツイスト型とわっかのドーナツを買いました。

空気を含んだ粗めの生地に、油がじわじわ染み込んで、
粒の大きいじゃりじゃりしたお砂糖がけのドーナツ。
2種類買ったけど、形が違うだけで生地も味も同じ。
取り立てておいしいわけではなく、
油っぽいので1個食べきるのがちょっときついドーナツなのだけど、
あの年季の入った店構え、ずらりと並んだたくさんの種類のパンのなかから、
レジの脇のパンの運搬用ケースに山盛りになっているドーナツを買うこと、
この行為自体がわくわくする。
食べると油っぽいけども。
山盛りの揚げパン群の風景が素敵なのだ。

薄べったいお店にぎゅうぎゅう詰まった他のパンも食べてみたいな〜。

d0272182_21200137.jpg



[PR]
by hitomi_iizuka | 2017-01-16 21:24 | ◎鎌倉のドーナツ | Comments(0)