カテゴリ:◎長野のドーナツ( 8 )

【2018年長野ドーナツの旅:その4】365BAKERY「チョコレートドーナツ」【レジがおもしろかった】

d0272182_22045665.jpg

365BAKERYの「チョコレートドーナツ」を食べました〜。
365BAKERYは松本駅前のバスターミナル「アルピコプラザ」の地下にあります。
いわゆるベーカリーチェーンのような雰囲気&品揃え。

ドーナツは何種類かあったのですが「チョコレートドーナツ」にしてみました。
底がカリッとサクッと揚がっていて、中はふんわり。
粉っぽくねばりつくような感じがあって、ちょっともさもさしてるかな〜。
油っぽさはないけど、歯に生地がくっついて、粉っぽさが口に残るのが気になるところ。

このお店、レジがおもしろかった。
レジに店員さんはいるのだけど、レジの機械の中に自分でお金を入れて、自動的におつりが出てくるという、自販機的なものだった。
バスに乗るため、急いでいる人には良いのかもしれない。

↓ドーナツブログランキング1位です。ありがとうございます!
d0272182_22045964.jpg

[PR]
by hitomi_iizuka | 2018-04-07 21:00 | ◎長野のドーナツ | Comments(0)

【2018年長野ドーナツの旅:その3】パン工房マルショウ「あんドーナツ」【甘さのバランスが良い!】

d0272182_15261852.jpg
パン工房マルショウの「あんドーナツ」を食べました〜。
パン工房マルショウは駅からちょっと離れたところにありまして、工場併設のお店みたいです。
種類は豊富で、よくあるパン屋さんという感じ。

そこで購入したのは「あんドーナツ」。
生地はふんわりもっちり。
しっとり感がたっぷりあって、周りはカリッと揚がってる。
塩加減の良いこしあんと、サラサラの粉砂糖が口の中でとけて、くどくない。
カリッとさくっとした後に、しっとりしわわ〜ととける感じがあっておいしい。
これは良いあんドーナツです

「あんドーナツの表面に砂糖不要論」を度々述べている私ですが、パン工房マルショウのあんドーナツは砂糖がかかっていてもおいしい。
私はあんドーナツは積極的に買わないのですが、その理由は、中の小豆餡の甘さと表面の砂糖の甘さがキツイことが多いからです。
↓参考↓

【コンビニドーナツ】ファミリーマート「ふわもちっと つぶあんドーナツ」【砂糖無しが素敵!】


ドーナツに入っていがちなチョコレートやカスタードクリーム、ジャムなどに比べて、小豆餡というのはよりダイレクトに砂糖を感じる甘さなので、表面にも砂糖がかかっていると、甘味が強すぎるように感じるのですよ。
なので、「あんドーナツの表面に砂糖不要論」をとなえるに至ったわけです。
これまで、何度キビシい甘さのあんドーナツに立ち向かってきたか…。

パン工房マルショウの「あんドーナツ」のように、甘さのバランスが良いあんドーナツに出会うと、本当に嬉しい気持ちです。
あ〜、おいしかったぁ。


↓ドーナツブログランキング1位です。ありがとうございます!

d0272182_15261834.jpg

[PR]
by hitomi_iizuka | 2018-04-06 21:00 | ◎長野のドーナツ | Comments(0)

【2018年長野ドーナツの旅:その2】小松パン店「アップルペティー」【巨大ドーナツを輪切りにしているっぽい】

d0272182_15185529.jpg
小松パン店の「アップルペティー」を食べました〜。

小松パン店といえば、牛乳パンで有名なお店。
牛乳パンは予約してちゃんとゲットしたのですが、午後に訪れたため、ドーナツはほぼ売り切れでした。
しまったー!ドーナツも取り置きお願いすればよかった…。

がっくりうなだれていたら、一種類だけドーナツが残ってました。
それが「アップルペティー」。

アップルパイをドーナツにしたという「アップルペティー」。
周りはカリッカリで、表面に甘いナパージュがかけてあります。
大きく作ったものを切り分けているようなので、切る前はどんな大きさだったのかな〜と気になる。
少し塩分がある目が詰まったイースト生地で、カステラのようなしっとりしたケーキ生地と煮リンゴや干しぶどうのフィリングを包み込んでいます。
三位一体、バランスよく、確かに、アップルパイっぽさあります。
ナパージュは、昔のチーズケーキにかけてあったのを彷彿とさせます。
イースト生地とケーキ生地の組み合わせは、適度な塩分と甘さの組み合わせでおいしい。
池袋のパン屋さん「タカセ」の「カステ」を思い出しました。
「カステ」も、イースト生地でカステラを包み込んだパンで、二つの質感と味が相まって、とてもおいしいの。
「タカセ」はドーナツは油っぽくて激甘なのでなんともおすすめしにくいのだけど、「カステ」は超おすすめです。

そして、憧れの「牛乳パン」も食べました。
手で持つと、ふんにゃ〜っとなって、指の跡がつくほど、ふんわふんわ。
たっぷり入ったクリームは、生クリームなのかと思ってたけど、実はバタークリーム。
一見くどそうだけど、ふんわり軽いクリームで、全然重くない。
大きくて食べきれなかった「牛乳パン」は、買った次の日でも、しっとり感が増しておいしかったです。
むしろ、1日寝かせた方がおいしいのでは??

他にも、懐かしい感じの「バタートースト」等を食べました。
表面のバターとしゃりしゃりしたお砂糖がおいしかった。

オーソドックスなドーナツもぜひ食べたいので、いつかリベンジします!


↓ドーナツブログランキング1位です。ありがとうございます!

d0272182_15191568.jpg
d0272182_15191870.jpg
d0272182_15192098.jpg

[PR]
by hitomi_iizuka | 2018-04-05 21:00 | ◎長野のドーナツ | Comments(0)

【2018年長野ドーナツの旅:その1】モン・ピジョン「マラサダ」【白馬のとても素敵なケーキ&パン屋さん】

d0272182_15061880.jpg
長野県は白馬、松本を旅してきたので、そこで出会ったドーナツをご紹介していきたいと思います。

モン・ピジョンは白馬にあるケーキとパンのお店。
大きなゴールデンレトリバーの看板犬がいて、「こんにちはー!」って感じに出迎えてくれました。
すんごくかわいいの!

お店のショーケースにはきれいでおいしそうなケーキがたくさん!
パンも菓子パンからバケット、ピザなど、いろいろありました。

そして、ここで食べたのは、大きな「マラサダ」。
まさか白馬でマラサダに出会えるとは思わなくて、感激でした。
好きなお店がドーナツを作ってくれていると、とても嬉しいのです。

持つとずっしり。
まわりはカリッと、噛みきれないくらい、むっしーーっとひきがあって、むっちむちの生地。
中にはなめらかなカスタードクリームたっぷり。
このむちむち生地にクリームが合わさるのが最高。
ざりざりしたお砂糖も良いアクセント。
ちょっと油っぽいけど、生地のおいしさにかき消されちゃう。
これ、すきだなー。
おいしいものをたっぷり食べるという幸福感が宿っている。

このマラサダは、私が大好きな「プルミエサンジェルマン」のむっし〜とひきのある「ブランドーナツ」と、しっとりむっちむちですごくおいしいのに残念ながらもう入手できない、第一パンの「ポケモンのマラサダ」のおいしさが合体した感じ。
↓参考↓

第一パン「ポケモンのマラサダ キャラメルクリーム入り」【菓子パンコーナーのドーナツの中で1番好き!】


つまり、ものすごくおいしいということ。
これはまた食べたいな〜〜。

やっぱりケーキも食べたいよね、というわけで、モン・ピジョンでは、マラサダの他にケーキも食べました。
「クリーム・オ・ブール」は、バタークリームのケーキをチョコレートでコーティングしたもの。
スポンジケーキの間にはママレード?がぬってあり、バタークリームのコクと、ジャムの酸味と、チョコレートが相まって、それはそれはおいしいのです。
生クリームたっぷりの「ミルキーウェイ」もおいしかった〜。

白馬でお茶をするならモン・ピジョンがオススメでございます。


↓ドーナツブログランキング1位です。ありがとうございます!
d0272182_15062013.jpg
d0272182_15062205.jpg
d0272182_15062578.jpg



[PR]
by hitomi_iizuka | 2018-04-04 21:00 | ◎長野のドーナツ | Comments(0)

【長野:松本】栞日のドーナツ【おしゃれカフェ】

d0272182_15093967.jpg

松本に良い感じのカフェがあり、そこでドーナツを出しているというではありませんか。
では行かなければ…。というわけで、松本城や縄手通り、中町通りなど、あちこち観光したあと、最後の力を振り絞って行ってきました。

あがたの森通り沿いの「高橋ラジオ商会」と書いてる建物が、実は「栞日」。
遠くから見たら、まさかカフェだと思うまい。
1階はカフェスペース、2階はリトルプレスなどの本がぎっしり取り揃えられていて、紙もの好きの人は、心を鷲掴みにされてしまうこと必至。

散々観光した後だったので、訪れたのが夕方になってしまい、ドーナツや焼き菓子はほぼ売り切れ。
あー、遅かったかと思ったら、今からドーナツを揚げるとのことで、結果的にタイミング良く揚げたてにありつけたのでした。

小さなお鍋でふつふつと揚げたドーナツは、油の香りがふわー。裏側は油がしみしみ。まわりはかりっかり。
生地の色はちょっと茶色い。
生地にやさしい甘味がついていて、思いの外軽い。手に持った感じも軽い。
生地の水分量は少な目でふわっとこなこなっとしてる。
サクサク軽く、良いドーナツ。
家で手作りしたような「おかあさんドーナツ」風であって、重くない。
油の香りもおいしさに感じられました。

大きな通り沿いで、外では車も人も忙しげだけど、このお店の空間はのんびりとしていて、とても居心地が良かったです。
特に2階なんて、居心地が良すぎて一日中居られそう…。
また来たいな〜と思いました。


余談ですが、中町通りはは良い陶器さんがたくさんありますね。
全国の陶器や民芸品を集めた「ちきりや工芸店」、内装もセレクトも素敵な「陶片木」が良かったです。
散財地帯だな…と思いました。

きっと私は、陶器を求めて、再び松本へ散財の旅をすることでしょう。


d0272182_15094256.jpg
d0272182_15094675.jpg






[PR]
by hitomi_iizuka | 2017-06-14 20:00 | ◎長野のドーナツ | Comments(0)

【長野】丸正醸造の「味噌ドーナツ」【おいしい信州土産】

d0272182_22152671.jpg

スキーが趣味なので、長野へはよく行くのですが、その度にお土産屋さんで見かけていたものの、なんとなく買わずにいたドーナツ。
それが丸正醸造の「味噌ドーナツ」でした。
袋入りでたくさん入っているので、食べきれないな〜と思ってなかなか手が出なかったのだ。
今回初めて買ってみました。

俵型に近いころっとした形のドーナツが小包装されてます。
形がまちまちな感じが手作りっぽさを醸し出してる。
まわりは少し油を吸っている。
かじると、ふわさっとして、わさわさっと口の中でほどけて、口内の水分を奪っていく感じ。
もそもそするけど、ほんのりしたお味噌の風味が香ばしくて良いです。
ちょっと苦みを感じるのはお味噌が焦げてるところかな。
すこーしだけ砂糖がじゃりっとするのもいい感じ。
これ好き〜。今まで買わずにいたことを後悔。
コーヒーよりもほうじ茶なんかが合いそうです。

長野のお土産にぜひ。

あ、長野のお土産といえば、「巣ごもり」というお菓子も、すごーくおいしいです。
白餡をホワイトチョコレートでコーティングして、冷やして食べるお菓子。
「巣ごもり」大好きすぎて、お取り寄せしたほどでございます^^
こちらも強くおすすめします。






[PR]
by hitomi_iizuka | 2017-06-13 20:00 | ◎長野のドーナツ | Comments(0)

【長野:松本】パン屋さん「スイート」のドーナツ3種【老舗】

d0272182_16080518.jpg

松本は縄手通にあるパン屋さん「スイート 縄手本店」に行ってきました。

“縄手本店は、関東大震災をきっかけにして帰国した創業者が1924年にオープンさせました。”
とHPにあるとおり、歴史の長いお店です。
創業者の渡辺宗七郎さんは、渡米して、アラスカで修行したり、シアトルで日本菓子店を開業、成功させたすごい方。
詳しくはこちら→ https://www.sweet-bakery.co.jp/seattle/

お店はイートインスペースが広くとってあり、パンの販売コーナーはこぢんまりした感じ。
菓子パンからお惣菜パンまで、どれもおいしそうでした。
そこでドーナツを3種類買いました。

「クリームドーナツ」は、黄色っぽい生地でふっくらむちっと歯切れ良い。
まわりコーンフレークはカリッと、カスタードクリームがこっくりとおいしい。
生地の塩分と甘さの加減が良い感じ。見た目ほどくどくなく、甘さもほど良いです。

「あんドーナツ」は、生地は薄めでむちっとしてる。
あんこはつぶ餡でたっぷり入ってる。これも塩加減が良く、くどくない。

「生チョコボール」は、ミスドのポン・デ・リング的なもっちもちのココア生地で、
かじると中からチョコレートクリームがとっろ~。
これおいしい。油っぽさは気にならず。
それほど甘くなく、チョコレート好きにはおすすめ。

揚げ油が生地にしみっしみだけど、食べるとそんなに気にならないです。揚げ油が良いのかな?
甘さと生地の塩加減のバランスがよく、なかなか良いドーナツでした。

ちなみに、創業者の宗七郎さんは、松本で有名なお菓子屋さん「開運堂」の創業者の次男でもあるのですね〜。
「開運堂」も、松本を訪れたら、絶対行きたい素敵なお菓子屋さんです。
開運堂本店のソフトクリームロボットは必見です。
ロボットがソフトクリームを作ってくれるんですよ〜^^


d0272182_16080979.jpg


[PR]
by hitomi_iizuka | 2017-06-12 20:00 | ◎長野のドーナツ | Comments(0)

【長野:安曇野】原野製菓の「マーちゃんドーナツ」【また食べたい!】

d0272182_00335886.jpg

安曇野を観光したときに、たまたま穂高駅近くで発見した原野製菓。
お菓子工場に「よろくまんじゅう本舗」という販売所が併設されていて、お店の窓に「マーちゃんドーナツ揚げました」と張り紙があったのです。
「安曇野にはドーナツは無いな〜」と思っていたので、
「マーちゃんドーナツって何??」と、大喜びでお店に入ったのでした。

狭い店内には、ぎゅうぎゅう詰めで色とりどりの駄菓子がぎっしり並んでいて、もう駄菓子天国。
近所に住んでいる人がうらやましい…。
その他に、原野製菓の主力商品を思しき、いろいろな種類のおまんじゅうが売られています。
そこでお目当ての「マーちゃんドーナツ」を購入しました。
たくさん入って216円。安い。
昭和57年発売以来のロングヒット商品なんだとか。

コロコロとかわいいルックスのマーちゃんドーナツは、生地は目がつまっていて、湿度は少なめで、寿々カステラのようなむしっとした質感。
まわりの砂糖のコーティングがかためで、かじるとコリッと砕けて舌に広がり、しあーっと口の中でとけておいしい。
材料にはちみつと醤油を使っているためか、こっくりと黒砂糖のようなコクがある。
醤油の味がわからない程度、少量の醤油を隠し味的に入れていることで、ほんのりコクと塩気が追加されてるわけですね。
なるほど、醤油を使うっていうのは良いですね。

コリコリとお砂糖があまーいけど、後味が良い。油っぽさ無し。
これはおいしいドーナツ。
ほうじ茶が合いますねぇ。

それと、「マーちゃんドーナツ」を買ったときに、お店のおじさんが
「今あられが揚がったから食べてね」と言って、あられを袋に詰めてくれました。
そのあられもとってもおいしいかったナ〜。

もうとにかく温かみがあって素敵なお店。
ドーナツとあられを手渡された瞬間にファンになった。
また行きたいな〜。
あーっ!「マーちゃんドーナツ」の名前の由来を訊けばよかった!
やはり、また行かねば。


d0272182_00340357.jpg
d0272182_00341295.jpg


[PR]
by hitomi_iizuka | 2017-06-08 20:00 | ◎長野のドーナツ | Comments(0)