<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ツッカベッカライカヤヌマの「クラプフェン」 oishii

d0272182_21292687.jpg
ツッカベッカライカヤヌマの「クラプフェン」。
ツッカベッカライカヤヌマは、溜池山王駅近くにある伝統的なドイツ菓子を売っているお店。
クッキーが人気のようで、私が訪れた日は、開店30分で売り切れだったらしい。
すごい。

クラプフェンは、イースト生地にジャムを詰めて揚げたドイツのドーナツ。
本格的なクラプフェンが食べてみたくて、
日本で買えないものかと思っていたら、あったのだ。
それも1月から3月までの期間限定発売だったので、急いで行ってきました。

大きなシャンデリア、ドイツのものと思しき豪華な装飾品に彩られた店内中央のテーブルには、
ザッハトルテをはじめとしたドイツ菓子が、銀のトレーにお行儀良く並んでいます。
後でザッハトルテも買いに来るぞ、と心にき決めつつ、
クラプフェンと、これまた冬のお菓子「シュネバーレン」を買いました。

クラプフェンの生地はさっくりした歯応えで、色は意表を突くオレンジ色。
生地には砂糖などの味付けはしていないようで粉の味とイーストの風味がする。
表面のかさっとした歯触りや、気泡のはすっとした食感はシュー生地にかすかに似ている。
似ているといっても、本当に彷彿とさせる程度で、
密度は高く、むしっとしたイースト生地です。決してシュー生地ではない。
クラプフェンというと、シューっぽい生地にレーズンを混ぜて丸めて揚げたゴロゴロしたものもよく出回ってるけど、
(パン屋さんの「ラ・テール」「ヒンメル」のものが有名かな)
こちらは完全にイースト生地。
同じ名前だけど、全然別物。でも出身は同じドイツ。
両者の違いは調査中。

食べ進めると、ラム酒の香りを纏ったキラキラと輝くアプリコットジャムが、とろりとあふれ出してくる。
このジャムに到達したときの恍惚感たるや!
後からラム酒の風味がふわぁぁっと鼻をぬけます。

甘くない生地に、ラム酒の香りの、ほの甘いジャム。
なんとも大人味。

油っぽさは無し。
どうやって揚げたのか、と思うほど生地に油が残っていない。
アメリカンドーナツのような甘ったるさとは対照的な、すっきりとしたドーナツでございました。
いわゆる「ドーナツ」と肩を並べるには、あまりにもお上品。

ちなみに、一緒に買った「シュネバーレン」もとてもおいしい。
ドイツ語で「雪の玉」を意味する揚げ菓子。
クッキーともパイともつかない軽い生地を丸めて揚げてあり、
これを割りながら、生クリームをつけて食べます。
揚げているのに油っぽさが全くなく、サクサクと軽く、口溶けよく、甘さも控えめ。

また来年も食べたいな


▼過去に食べたクラプフェン

ボンジュール・ボンのクラプフェン
http://hitomiii.exblog.jp/22463776/

ラ・テールのクラップフェン
http://hitomiii.exblog.jp/21950977/

ジャック・イン・ザ・ドーナツのオリボーレン
http://hitomiii.exblog.jp/22560992/


d0272182_21293558.jpg
d0272182_21294387.jpg




[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-03-28 21:36 | ◎ドーナツ | Comments(0)

アンデルセンのドーナツ

d0272182_21324240.jpg

パンの全国チェーン「アンデルセン」のドーナツをいろいろ食べました〜。
「アンデルセン」は日本で初めてデニッシュペストリーを販売したパン屋さんなんだって。
なので、ダークチェリーがのったデニッシュなども食べたいところですが、ドーナツ優先ということで…。

「デニッシュドーナツ」は、アンデルセンの看板商品であるデニッシュを揚げたもの。
シナモンシュガーがかかっていて、まわりがさっくさく。
ピラっとしてるところがパリパリしておいしい。
折り重なったしっとり弾力のあるデニッシュ生地の歯ごたえがいい。
さすがにデニッシュ生地がおいしい。

「クッキードーナツ」はオールドファッション生地なのだけど、
ねじってあるので、デニッシュほどじゃないけどちょっと層になっていて、ザクザクの食感がおいしい。
まわりは固いけど、なかはほどよくしっとり。
卵の風味が良いです。
山崎製パンのローズネットクッキーを思い出しました。
ちょっと似てますね。ローズネットクッキーの方が甘々だけど。

「チョコツイスト」は、まわりがさくっとかりっと揚がったドーナツに、
カスタードクリームを挟んでチョコレートでコーティング。
生地のカリカリしたところから油がちゅわっとでてくる。
ちょっとくどいかな。
シンプルであっさりしたイースト生地なので、プレーンなドーナツとして食べてみたいかも。

何かと変わりダネドーナツ3種。
デニッシュドーナツが一番おいしかったかな。

そういえば、元ネタが似てるから当然といえば、当然なのだけど、
デニッシュドーナツとクロワッサンドーナツは似ている…。


▼その他のパン屋さんのドーナツ▼

◎デリフランスのドーナツ


◎HOKUOのドーナツ2種


◎ラ・テールのドーナッツ





[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-03-23 21:33 | ◎パン屋さんのドーナツ【東京】 | Comments(0)

NIKI BAKERY 駒込店のドーナツ

d0272182_22205539.jpg

『ニキ、ニキ、ニキ、ニキ、二木の菓子!』でおなじみの二木の菓子が経営しているパン屋さん、
「NIKI BAKERY 駒込店」に行ってきました。
二木の菓子がパン屋さんをやってるなんて、初めて知りました。
お総菜パンや、菓子パンが種類豊富に揃い、
今どきのおしゃれベーカリーじゃなくて、昔から慣れ親しんだ感じのパン屋さんです。
アンパンマンのパンとか、トトロのパンなどのキャラクターパンも売っていたりするところが、
あ〜昔からやってるパン屋さんだ〜という感じ。

ドーナツは数種類ありましたが、全部食べられないので2種類選びました。

「オレンジドーナツ」は、まわりはかりっかりで、
生地はオレンジを練り込んであるので、きれいなオレンジ色。
ほのかにオレンジっぽさがある。
きめ細かく、さくっとほろっとした軽いオールドファッション。
かりっかりのところがおいしい。

「ツイストドーナツ」はまわりが油を少しすっていて、ちょっとじゅわっとする。
軽くてふんわりやわらかい。
粒子の細かいさらさらのお砂糖が合います。

爆発的においしいわけじゃないけど、
あまりくどくなくて、
日々の子供のおやつなんかに良さそうなドーナツでした。

キャラクターパンが食べたくなった。


d0272182_22220436.jpg


[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-03-22 22:23 | ◎パン屋さんのドーナツ【東京】 | Comments(0)

ドーナッツプラントの「ニューヨークチーズケーキ」 oishii

d0272182_21434957.jpg

ドーナッツプラントの期間限定品「ニューヨークチーズケーキ」。
小さいのに、ずしっと重い。
砂糖でコーティングしたドーナツの側面には砕いたクッキーがびっしりついてる。
重いうえに、このクッキーがこぼれないよう食べるには、側面を掴むことができず持ちづらい。

しゃりしゃりとお砂糖グレーズをかじると、
次いでしっとりしたケーキドーナツ生地がやってきて、さらに、クリームチーズの塊が現れる。
生地にこってりクリームチーズの塊がゴロゴロ入ってるのだ。
うわー、高カロリー。
側面のクッキーのさくさく感と、内側のしっとりクリーミーな感じは、
まさにニューヨークチーズケーキなのでした。

これ、おいしいからって、一度にたいらげちゃダメなドーナツだわ。


▼過去のドーナッツプラントの記事


●ドーナッツプラントの「バニラビーンズ」


ドーナッツプラントの「豆乳クランベリー」

http://hitomiii.exblog.jp/22910510/


●ドーナッツプラントのピザドーナッツ











[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-03-18 21:46 | ◎ドーナッツプラント | Comments(0)

クリスピー・クリーム・ドーナツの「WELCOM SPRING」

d0272182_19003860.jpg

クリスピー・クリーム・ドーナツの春の新作「WELCOM SPRING」を全種類食べました〜。
「WELCOM SPRING」シーリーズは、桜、ゆず、抹茶など、日本の食材をテーマに作られたもので、
特に「ゆず」はクリスピー・クリームが初めて使用した素材なんだって。

「ユズ」はホワイトチョコのうえに、ユズナパージュがけ。
さくっとした国産柚子のドライピールがゴロゴロのってる。
柚子の香りと酸味がさわやかー!
ちゃんと柚子のほろ苦い風味も感じられる。
甘すぎず、さっぱりした軽やかなドーナツ。

「サクラ」は、香りがまるで桜餅!
中に入ってる桜クリームは塩がきいていて、
これが味も桜餅たらしめている。
パリッとしたホワイトチョコのうえに、桜の香りのナパージュ。
サクラチョコがちらちら花びらのようにかかったきれいなドーナツ。

「オールドファッション 黒みつ 抹茶」は、
宇治抹茶をねりこんだ見事なグリーンの生地を、さらに抹茶チョコでコーティング。
抹茶の香りと苦味がふわっと広がる。
黒みつソースが単調な抹茶味に奥行きを持たせてマス。
上にのった黒豆かのこもおいしい。

今回のシリーズは色もきれいで、さずが、クリスピー・クリーム・ドーナツという感じ。
味も色も、日本の春でした。

■過去のクリスピー・クリーム・ドーナツの記事

クリスピー・クリーム・ドーナツのバレンタイン期間限定商品
http://hitomiii.exblog.jp/22838730/

クリスピー・クリーム・ドーナツの「Sweet Holiday Magic」
http://hitomiii.exblog.jp/22671569/

クリスピー・クリーム・ドーナツの「AMERICAN HOMEMADE」
http://hitomiii.exblog.jp/22100582/







[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-03-16 21:00 | ◎クリスピー・クリーム・ドーナツ | Comments(0)

アーノルドの「ミルクチョコ」

d0272182_18435228.jpg

吉祥寺に行くと、必ず寄ってしまうドーナツ屋さん「アーノルド」。

今回は「ミルクチョコ」を食べました。
ベルギー産のチョコレートを使った「プレミアムチョコレート」よりちょっと安い「ミルクチョコ」は
日本産のミルクチョコレートを使用。
確かに「プレミアムチョコレート」の方が良いチョコレート使ってるな〜って感じがあって、
価格のとおり格上なのだけど、
「ミルクチョコ」でも充分おいしい。
アーノルドの生地のおいしさについては、何度も述べているので割愛することにして、
ともかくアーノルド大好きなのでした。

▼過去のアーノルドの記事


アーノルドのホワイトチョコ

http://hitomiii.exblog.jp/22768966/

アーノルドのクリスマス限定ボックス

http://hitomiii.exblog.jp/22688969/

夏季限定プレミアムレモンドーナツ

http://hitomiii.exblog.jp/22074653/

◎プレミアムミルクチョコレート&ブルーベリー
http://hitomiii.exblog.jp/20417602/








[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-03-09 20:00 | ◎ドーナツ専門店のドーナツ【東京】 | Comments(0)

ミスタードーナツの「のびのびポン・デ・リング」

d0272182_21373846.jpg

ミスタードーナツの「のびのびポン・デ・リング」食べました〜。

見た目からして通常のポン・デ・リングと違っていて、
ふくらみがなく、ペチャンとしてる。
持つと形を保てないくらいクタクタ。

ひんやりとした口当たりで、食感は餅そのもの。
ホントにビヨンとのびる。名前に偽り無し。
ビヨンと噛みちぎっては、もっちもっちと食べ進め、
「今、私はいったい何を食べてるんだ〜!?」という状態。
これはドーナツにカテゴライズされていていいのか。
餅じゃなのか?
「お前は餅だー!」と言いたい。

ここまでビヨンとのばせるとは、
ポン・デ・リング、恐るべし。

ミスタードーナツのアジア進出では、
「ポン・デ・リング」が柱になっているようだし、
ポン・デ・リングのポテンシャルの高さを感じずにはいられないわけだけど、
一方で、「のびのびポン・デ・リング」によって、
お餅にハニーグレーズをかけて食べたらおいしいのだな、
という発見をしたのでありました。

▼過去のミスタードーナツの記事

http://hitomiii.exblog.jp/i23/

ミスタードーナツのクレームブリュレドーナツ
http://hitomiii.exblog.jp/22804721/

◎ミスタードーナツのマロンドーナツ4種







[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-03-07 21:43 | ◎ミスタードーナツ | Comments(0)

「cafe stand あかりまど」のあんドーナツ

d0272182_19270165.jpg

渋谷モディの5Fにある和風カフェ
「cafe stand あかりまど」にドーナツがあるので食べてきました。

まず、ビジュアルが良いです。
どれもワクワクする組み合わせ。
粒あんと苺あん、どっちにするか迷って苺あんに決定。

コロッとしたハンバーガーのバンズのような姿の生地は、
ナンの生地を発酵させてパン粉をつけて揚げ焼きにしているというもの。
ナンの生地だけあって、こしが強く、噛みきりずらい。
むしーっと噛みきるとクリームやらあんこやらがめろっと出てきて、口のまわりが大変なことに。
生地は作りたてで温かく、油がにじんでいて、食べると油と生地の塩分を感じる。
そこに冷えたマスカルポーネクリームと苺あん、ミックスベリーがよく合います。
塩気のある生地に甘いものの組み合わせは間違いないですな。
カレーパンを彷彿とさせるパン粉も、かりっと良いアクセントになってる。
ムチムチとしておいしい生地でした。

ただ、「揚げ焼き」なのよね。
正しいドーナツの定義、
「やわらかい生地を、ボール状かリング状にして、たっぷりの油で揚げたもの」にあてはめるには、
うむむ…という感じ。
生地を半分に割ったものを揚げ焼きにしているためか、
断面にも油がしみていて、全体に油っぽい。
生地を丸々カラッと揚げた方がおいしいのでは…と思いました。
フライヤーを使わずに提供したいとか、そういうオペレーションの問題があるのでしょうか。
うーん、ちょっと惜しい。

お店のメニューには「ヘルシー」と書いてあったけど、
ここまで油がにじんでいると、ヘルシーかどうかは…??

ドーナツに「ヘルシー」なんて表現は、そもそも無理がある、…と私は思う。

そうそう、「cafe stand あかりまど」はイートインスペースがお座敷になっていて、
それはそれでおもしろいのだけど、壁がなく通路に面しているので、
和室の趣を感じる前に、ちょっと落ち着かない…。
この落ち着かないスペースで、食べずらいあんドーナツを頬張ったのでした…。

あ、ほうじ茶はおいしかったです。

d0272182_19271104.jpg
d0272182_19272599.jpg





[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-03-02 21:00 | ◎カフェのドーナツ | Comments(0)