<   2016年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

【柏】ドンクエディテ柏モディ店のドーナツ2種類

d0272182_20222512.jpg

ドンクエディテ柏モディ店のドーナツを2種類食べました〜。
ドンクのドーナツといえば、過去に吉祥寺アトレ店で買ったケーキドーナツを食べたことがありました。
それもおいしかったな〜。
http://hitomiii.exblog.jp/22361267/

まあるい形の「グレーズドーナツ」は、
ピンポン球より大きいけど、テニスボールよりは小さいくらいのサイズ。
外側はお砂糖のグレーズがさっくり、内側はしっとりふっくら膨らんで、見た目より軽い。
オレンジピールが練り込まれているので、爽やかなオレンジ風味でおいしいです。

透明のカップにころころ7個入った「しっとりプティドーナツ(メープル風味)」は、
しっとりほろほろしたケーキドーナツ。
メープルシュガーがさらりとかけてあって、程良い甘さ。
表面のシュガーが油ににじんで生地がしゅわしゅわしてるところ、おいしい。
小さくて食べやすいから、ついポイポイ口に入れてしまう…。

どちらもケーキドーナツ。
油っぽくなくておいしかったけど、イーストドーナツも作ってほしいな〜。


d0272182_20223352.jpg






[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-11-30 21:00 | ◎パン屋さんのドーナツ【東京】 | Comments(0)

モリバコーヒーのドーナツ2種

d0272182_21310120.jpg

モリバコーヒーでドーナツを食べました。

モリバコーヒーはフェアトレードで輸入したコーヒーを提供しているお店。
ゼンショーホールディングスが展開しているコーヒーチェーンらしいです。

ドーナツの生地は密度は高く、むわんとしていて、湿度はあまりない感じ。
イースト生地だけど、スポンジっぽさがある。
今まで出会ったことがない生地だなー。
少し塩気があるのも特徴のひとつで、この塩気がおいしく感じます。
サイズはけっこう大ぶりで、目がつまった生地なので、2個完食は無理だった。

「シュガードーナツ」はローストアーモンドの香ばしさが良く、
塩気と甘さのバランスは良いかなと思ったけど、
食べ進めるうちに、口に残る甘さが塩気に勝ってちょっとつらくなる。

「シュガードーナツ ストロベリーキャラメル」はちょっとくどいかな。
人工的な甘さというか…。ほろ苦いキャラメルがあって、ちょっと助かった。

コーヒーに合わせて作っているからかもしれないけど、両方とも甘かったな〜。
口にいつまでも残る甘さ、食べ進めるほどにきつくなる甘さ…。
生地も独特の重さがあるので、ひとつ食べきるのもどっこいしょという感じだった…。
すごくおいしいわけじゃないけど、オリジナリティはある。
生地の塩気なんかは良い感じなのだけど…。

グレーズがもっとおいしいといいね…。






[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-11-28 21:31 | ◎カフェのドーナツ | Comments(0)

2016年マカオドーナツの旅:コーヒーチェーン「パシフィック・コーヒー」

d0272182_18521096.jpg

マカオにて「パシフィック・コーヒー」というコーヒーチェーンでドーナツを食べました。
パシフィック・コーヒーはマカオの他に、香港などでも展開している様子。
マカオのカジノホテルなんかでも見かけましたが、私はマカオ空港のお店に入りました。

いわゆるシアトル系とされるコーヒー屋さんの雰囲気で、特段変わったところも無いお店。
メニュー表記は広東語のようで、チョコレートの表記も「功克力」ではなくて「朱古力」。
「ドーナツ」については見たことのない漢字が使われてます。

コーヒーとマンゴージュースとチョコレートドーナツをオーダー。
冷蔵ケースに入っていたようで、ひんやりしてます。
ずしっと大きく目がつまっていて、持った感触が固いのだけど、食べてみたらしっとりもちもち。
冷えてるけど全然パサついてない。
チョコレートはちょっぴりビター。
油っぽさもないし、甘すぎない。良いドーナツ!
これはまた食べたい!

昔よく食べていた山崎製パンのチョコレートドーナツがあって、
それは、しっとりとコシがあっておいしかったのだ。
また食べたいと思って探したら、どうも現在は生産していないようで、
非常にがっかりしていたのです。
で、このパシフィック・コーヒーのチョコレートドーナツが、
その山パンのチョコレートドーナツにそっくりで、
「探し求めていたあのドーナツ!」と、食べた瞬間、歓喜したのでした。
ファンファーレが聴こえた。

山崎製パンのチョコレートドーナツ、
「チョコリング」とか、そんな名前だったかな。
ぜひとも復活して欲しいです。
何度もマカオに行くわけにはいかないので、山崎製パンさま、よろしくお願いします…。

d0272182_18523405.jpg

2016年マカオドーナツの旅
↓こちらもあわせて御覧ください。

◎十月初五街「南屏雅叙」

◎蓬莱新街「徳記珈琲室」










[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-11-23 21:00 | ◎マカオのドーナツ | Comments(0)

2016年マカオドーナツの旅:蓬莱新街「徳記珈琲室」

d0272182_22021434.jpg

宿泊したホテルの脇にあった小さな茶餐廰「徳記珈琲室」でパンとドーナツを買いました。
おばさんが一人でチャキチャキ仕切ってるような雰囲気のお店で、
地元の人がのんびり朝食を食べていました。

ガラスのケースにパンがたくさん並んでいて、それぞれに名前はついていない様子。
欲しいパンを指差して購入しました。

手に持つと軽くてふんにゃり。
もう、持っただけでわかる、おいしいドーナツの予感!
これはおいしいドーナツだよ、というワクワク感でいっぱい。

かじると、予想通りふんわりしっとり、もちっとひきがあって良い弾力。
お砂糖のじゃりじゃり感もいい。油切れもよし。
思いがけず良いドーナツに出会った。
嬉しいなぁ。

「南屏雅叙」しかり、マカオはパン屋さんが多く、おいしいパンが多かった。
ポルトガル領だった影響などがあるのでしょうか。
お店の名前がわからないのだけど、紅窗門街の辺りかな、
お客さんがひっきりなしに入っているパン屋さんで買ったパンもとてもおいしくて、
またそれを食べに訪れたいほど。
パンに入っているフィリングが、日本のパン屋さんには無いものだったりして、
新しいおいしさに出会えるのも楽しかった。

パンとドーナツを求めて、再びマカオを旅したい〜。


d0272182_22023404.jpg

2016年マカオドーナツの旅
↓こちらもあわせて御覧ください。

◎十月初五街「南屏雅叙」






[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-11-21 22:11 | ◎マカオのドーナツ | Comments(0)

2016年マカオドーナツの旅:十月初五街「南屏雅叙」

d0272182_18410016.jpg

マカオの十月初五街にある老舗茶餐廰「南屏雅叙」に、朝食とドーナツを食べに行きました。
「茶餐廰」とは、香港式の喫茶店という感じでしょうか。喫茶と軽食を兼ねたお店のことみたいです。
南屏雅叙の入口にはテイクアウト用のショーケースがあって、おいしそうなパンがぎっしり並んでいます。
もうずっと古いままやってます、という感じの年季の入った店内は、朝食を食べる人でほぼ満席。

おいしいと噂の「ハムエッグサンドイッチ」と、お目当てのドーナツ「沙翁」を頼みました。

「沙翁」と書いて「サーヨン」と読むこのドーナツ。
ネットで調べると「香港式ドーナツ」と紹介されているものが多いので、
香港からマカオにやってきたドーナツなのかな。
「沙翁」とは中国語で「シェイクスピア」のこと。
なぜこのドーナツが「シェイクスピア」なのか、調べたけど日本語で解説されたものは無し…。
気になるので、調査継続します。

「沙翁」は、まわりが少しカリっとしていて、中は通常よりもめが細かいフレンチクルーラーという感じ。
でも、フレンチクルーラーよりは、かなりしっとりしてます。生か?と思うほど。
ドイツのノルドライン地方のドーナツ「クラップフェン」にとても似てます。
個人的にはまあまあという感じで、特別おいしいドーナツではなかったけれど、
めずらしいドーナツに出会えて嬉しかった!

そして、一緒に頼んだ「ハムエッグサンドイッチ」がすごくおいしかった〜!
ホカホカでふんわり分厚い卵焼きがしっとりしたパンにはさまっていて、
特にすごい技を使ってるという感じではないのだけれど、とてもおいしい。

あと、入口付近に置物みたいにどっしり座っている、番頭さんらしきおじさんがすごい。
お会計に行くと、メモとか伝票とか何も見ずに、さっと金額を言ってくるのだ。
全テーブルをどうやって把握してるのか…。
おじさんにPOSシステムが内蔵されているのか…。
おじさんレジスター、すごい。

店の雰囲気が好きなのと、おじさんレジスターをもっと調査したいのと、
ハムエッグサンドイッチを食べたいという理由で、また訪れたいお店です。
他のパンも食べたかったな〜!


d0272182_18410763.jpg
d0272182_18412311.jpg



[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-11-16 21:00 | ◎マカオのドーナツ | Comments(0)

2016年台北ドーナツの旅:士林夜市「雙胞胎」

d0272182_22213777.jpg
台北とマカオを旅したときに食べたドーナツのレポートです。
まずは台北から。

台北の士林夜市にドーナツの屋台があるということは、ネットで調査済みだったのです。
以前、わくわくしながら初めて訪れたときは雨が降っていたせいか、出店しておらず、肩を落として帰りました…。
そして、今回再び訪れたところ、ありました、ありました、ドーナツ屋台!
その名も「雙胞胎」。
お客さんはひっきりなし。人気があるのかな?

ドーナツに名前は無いので、ドーナツを指差しながら、覚えたての中国語で
「いーが(一個)、りゃんが(二個)」と言って購入。ちょっと達成感。

無愛想なお姉さんが慣れた手つきで、素早くポイポイとドーナツを直接ビニール袋に詰めてくれます。
この「ほら、持ってけ。」みたいな、雑な感じが好きです。

丸い輪っかのドーナツは、ふんわりもちもち。かむとむぎゅーっとつぶれて、しっとりとひきがある。
油がちゅわちゅわしみてるけど、そういうところも併せておいしい。
この弾力はなかなか良いドーナツ。粒の粗い砂糖がじゃりじゃりあまーくて、なんともおいしい。

ねじった細いドーナツは、かた〜い!ドーナツの扱いでいいのか?
目がつまった固い生地で、油っぽさは全然なく、クッキーのような、かりんとうのような、ポリポリおいしいもの。
中国茶のお供にしたらいいかも。
もしかして「索餅」かな。

菱形っぽいドーナツは、目が粗く、エアリーな感じ。でもかたく歯応えがある。
フランスパンに近いかな。
胡麻の風味がして、他にないオリジナリティのある味と質感。
甘さは控えめ。朝食や昼食に良さそう。

食べきれなかった分を次の日に食べたら、ちょっと味が落ちたかなという感じだったので、
買ったらすぐ食べたほうが良さそうです。
士林夜市では他にも食べたいものがたくさんあるので、ドーナツでお腹いっぱいになるわけにはいかないけど、
このドーナツは食べる価値あり。
多分、また士林夜市に行ったら、またこのドーナツ買ってしまうのだろうな〜。

d0272182_22215699.jpg


[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-11-14 22:24 | ◎台北のドーナツ | Comments(0)

【大塚】パン屋さん「イースト・イースト」のドーナツ

d0272182_19333866.jpg

大塚駅近くのパン屋さん「イースト・イースト」でドーナツを食べました。

パンは菓子パンから総菜パンまでいろいろあって、「街のパン屋さん」という雰囲気。
JR東日本フードビジネスが手がけているお店らしい。
JR大塚駅に2店舗あります。
南口ロータリーの方のお店は、イートインスペースが広く、わりとゆったり過ごせそうな感じ。

「チョコドーナツ」はしっとりと弾力のある生地に、
ビターチョコレートとクッキークランチ。ザクザクした歯応えに合うしっかりした生地。
甘すぎず、おいしい。これ好き。
「ツイストドーナツ」はむぎゅっと弾力のある生地に細かいお砂糖がさくさく。
油っぽさがなく、生地のしっとり感もあって、良いドーナツ。

どちらも、見た目甘そうだけど、甘さ控え目。
生地がしっかりとひきがあり、しっとりむぎゅっとする感じがいい。
ふわふわすぎなくて、しっとりしてる生地、好きだな~。

ああ、いいドーナツだなぁ。


d0272182_19365608.jpg






[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-11-11 21:00 | ◎パン屋さんのドーナツ【東京】 | Comments(0)

パン屋さん「ベルベ」のドーナツ

d0272182_22260872.jpg

パン屋さん「ベルベ」のドーナツを食べました。
「ベルベ」は神奈川県に本店があり、神奈川を中心に多数の店舗を展開しているパン屋さんです。

「ツイストドーナツ」は、ふんわりやわらかな生地に、しゃりしゃりと粗めのお砂糖をかけたオーソドックススタイル。
油がじゅわっと染みていて、油切れはいまいち。油っぽいところがちょっとカリカリしてる。

「かりんとドーナツ」は「かりんと」というには柔らかく、どのあたりがかりんとうなのか…。
まわりがカリカリしているわけでもないので、かりんとう感はほぼ無し。
目がつまった黄色い生地で、外はちょっとさくさく、中はすこしふわっとしてる。
すごくあ〜まい!尖った甘さ。小さいのに甘すぎて手が伸びないという感じ…。
甘さはともかく、生地のもさもさした感じは、家庭でお母さんが作ったドーナツっぽい。

どちらも、砂糖の尖った甘さが印象的で、いまひとつだったかな…。
偉そうですけども…。
砂糖がけのドーナツは、砂糖と生地と油が三位一体になってないと、イカンのだ。

砂糖の甘さについては、砂糖の種類によってどう違うのか気になるので、ちゃんと調べよ〜。







[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-11-10 22:29 | ◎パン屋さんのドーナツ【東京】 | Comments(0)

【練馬】デンマークベーカリーの「シナモンシュガードーナツ」

d0272182_20542721.jpg

練馬駅の近くにあるパン屋さん「デンマークベーカリー」のドーナツを食べました。

「デンマークベーカリー」は「ねりまだいこん酵母」でパンを作っているという大きなパン屋さん。
1階には菓子パンから総菜パン、食パン、ハード系パンなどなど、たくさんの種類のパンが売られていて、
2階はイートインスペースになっています。カレーやパスタ、和食まで出している模様。
ちなみに、「ねりまだいこん酵母」で作ったパンは、大根の味は全くしません。

ドーナツも何種類かありましたが、
今回は「シナモンシュガードーナツ」を選びました。
なんとなく、シナモンな気分だったので。

ふんわり、もちっとした生地。
大根の酵母で膨らんでるのか〜と関心しつつ食べました。
軽くてしっとりした良い生地です。
このドーナツは何といっても、甘過ぎないのところが素敵です。
…わかっているのです。ドーナツはもともと甘い食べ物だということは。
でも、砂糖の甘さだけガツガツ前に出て来るようなドーナツが、ちょっとつらくなっちゃうときもあるわけです。
ちょいちょい食べたいドーナツとして、ふんわりと優しく甘いドーナツも求めているわけなのです。

そんなわけで、甘すぎないドーナツに出会うと嬉しいです。

…とは言いつつ、ガツンと甘いドーナツも嫌いじゃないし、そういうのが無性に食べたい日もあるのですが…。






[PR]
by hitomi_iizuka | 2016-11-07 21:06 | ◎パン屋さんのドーナツ【東京】 | Comments(0)